当たり前だが安全対策って大事だよね?

最初の記事で書いた通りではあるのだが俺には丸太が突き刺さった経験がある。

もちろん俺は幽霊ではないし、直接丸太に突き刺さられたわけではない。

仮に突き刺さって生きていたのだとすれば、それは丸太大好き彼岸島(←詳しくは某同名漫画を読んでね)に迷い込んでしまったとしか言えない状況である。

そんな彼岸島ネタは置いといて、それは突発的なものだったのでとてもじゃないが回避はできなかった。

でもあの時心から常に備えることの重要性を認識するようになった。

熊本地震も記憶に新しい震災などの自然災害には、備蓄食料などの防災セットが必要ではあるが、がれきだらけの街では足の安全というものも重要であるという事は想像に難くない。

人間はどこへ行くにも基本は足を使う。

ではいざ動かなければならなくなる有事の際に足をやられてしまってはその効率は落ちるばかりである。

映画などでも人質を犯人のお荷物にするためにわざと足を狙って銃を撃ったりしますもんね?

そう、有事の際に足がやられてしまっては、このサバイバルな世の中を生き抜くことはできない。

では何をすべきか?

そういった場合に備えて備蓄食料とともに、自分の足に合った安全靴も買っておくのがベターではないかと思うのだ。

安全靴といえば釘などが落ちている現場や危険を伴う仕事についている人にとっては必須のアイテムだ。

いざという時に足が守られているという感覚は、一度はけば病み付きになるかもしれない。

安全靴といってもいろいろ用途によってあるようだ。

今回俺が参考にしたのは安全靴は現場の必須品というサイトだ。

一般作業全般、運搬作業、 溶接作業、保線作業、建築作業、建築物解体作業、土木作業、高所作業などのシーンによって最適な安全靴が違うということを初めて知った。

俺の場合は有事に備えるという事で、靴着脱が容易なくるぶし下までの短い安全靴を、試しに一つ買ってみたので有事に備えてはきならしておこうと思う。

やはり、普段からはきならしておくことが、靴をはく時に一番大事だよ。

せっかく足を守れてるのに靴ずれなんて起こしたらやってられないからね。

みんなも普段の防災グッズにwithAおすすめだから検討してみてね!!

おすすめの安全靴を履くならこのサイト

それじゃ今回はこの辺で。って最後withAスベってないよね?大丈夫だよね?

あっスベってるかも・・・